結局「シン・ゴジラ」公開前にリークされた着ぐるみは何だったのか?

シン・ゴジラ」のゴジラ野村萬斎によるモーションキャプチャにより日本ではシリーズ初の全編フルCGで描かれたゴジラだったが、公開前にゴジラの着ぐるみの画像がリークされたのを覚えている人はいるだろうか?

 

当時リークされた画像はこちら

f:id:junk-weed:20171112191834j:image

この画像はアメリカのゴジラファンによる掲示板にリークされた画像だが、これを見る限り「シン・ゴジラ」のゴジラのデザインとかなり酷似していることが分かる。

 

これは恐らく未使用になったゴジラアニマトロニクスの画像だろう。

シン・ゴジラ」ではゴジラアニマトロニクスでの撮影も一部で行われていたことがメイキング動画を見ると分かる。(全カット未使用)

f:id:junk-weed:20171112192803j:image

樋口真嗣監督の前作「進撃の巨人」でも使用された撮影方法で樋口監督は本作でも同様の方法を取ろうとしていたのだ。

 

しかし庵野秀明監督に却下されてモーションキャプチャを使ったフルCGでの撮影に切り替えたのだ。

f:id:junk-weed:20171112194032j:image

モーションキャプチャはハリウッド大作では「猿の惑星」の新シリーズや「アバター」や「GODZILLA」でもすでに使われていた撮影方法だが日本では2014年公開の山崎貴監督の「寄生獣」で初めて本格的に取り入れた新しい技術だった。

 

これは憶測だが、庵野秀明監督が同年度公開の「進撃の巨人」と「寄生獣」を見比べてモーションキャプチャを使用すると考えたのだとしたら興味深い。

また「寄生獣」の成功がなければ「シン・ゴジラ」のモーションキャプチャでの撮影も実現しなかったかもしれないと考えると一見関係ないような点と点が結ばれて線が浮かび上がってくるようで面白い。

(ギャレス監督のゴジラモーションキャプチャなので使用した可能性も高いが…)

 

メイキングたくさん詰まったBlu-rayとアート本

気になったら是非!

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])