無限の住人の製作費

無限の住人 [Blu-ray]

三池崇史監督と木村拓哉が初タッグを組み今年のゴールデンウィークに公開された無限の住人

最終興行は9.6億円と10億円に届かなかった。

そんな本作の製作費はいくらなのか?

残念ながら公式の発表はされていない。

しかし推測はできる。

本作はワーナー・ブラザースが製作・配給を行なっており、本作の企画はるろうに剣心のヒットが前提でスタートした企画だ。

るろうに剣心の製作費は二部作合計で30億円。

単純に割ると一本15億円だ。

ちなみに昨年松竹と日本テレビが組んで制作した真田十勇士の製作費も15億円。

ここから同じ規模の時代劇大作映画の無限の住人もだいたい15億円程度の予算で作られたと考えられる。

(全て宣伝費込み)

 

ちなみに無限の住人と同じくテレビ朝日が制作した三池崇史監督の時代劇十三人の刺客の宣伝費を含まないIMDbによる推定製作費は約6億円(600万ドル)