「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」の中国興行が伸び悩む…

映画チラシ 空海 KU-KAI 染谷将太

中共同製作映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」が昨年12月に中国5万スクリーンで封切られた。

本作はセットの製作に6年を費やし、そのスケールは東京ドーム8個分にも及ぶ気合の入れよう。

f:id:junk-weed:20180120174457p:image

総製作費は150億円とハリウッド大作級だ。

しかし中国では興行収入約90億円と伸び悩んだ。

もちろん大ヒットではあるが、製作費を考えるとかなり物足りない。

今中国は映画興行の世界ではアメリカに続き第2位の市場だ。

昨年の中国の映画興行トップ10は全て180億円を超えている。

その背景を踏まえるとせめて製作費の150億円以上は中国だけで稼ぎたかった。

日本での公開は3月だが、この手のアジアンテイスト全開の本作が日本で爆発的なヒットをするとは考えにくい。

またアメリカなどアジア以外でのヒットは絶望的だろう。

そう考えると本作はかなり厳しいスタートを切ったとも言える。

ただし映画興行の世界は水物だ。

過去には「レッドクリフ」が興行収入50億円を超えるヒットを記録したこともあれば、「ラストサムライ」が全米の興行収入を上回る137億円の大ヒットを記録したこともある。

もしかすると日本で「君の名は。」を超える大ヒットを記録する可能性も潜んでいる…といいよね…

2018年2月24日(土)公開です。

 

ちなみに日本と中国の共同製作ではないが、中国製作映画でオール日本ロケを敢行した福山雅治が出演している日本原作の小説で実写映画化もされた作品のリメイク映画(監督曰く映画版のリメイクではなくあくまで原作の実写化あくまで原作の実写化映画)「マンハント」は160億円を超える大ヒットになっている。

映画「マンハント」オリジナル・サウンドトラック

こちらは日本では2月9日公開。

2017年冬映画興行収入ランキング[1位はスターウォーズ、2位は鎌倉、3位は花嫁、4位以降も注目!]

2017年冬映画で興行収入が10億円を超えた作品をランキングにしてまとめました。

 

第1位 スター・ウォーズ/最後のジェダイ 

【映画パンフレット】 スター・ウォーズ 最後のジェダイ 限定版 キャスト デイジー・リドリー、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、キャリー・フィッシャー、アンソニー・ダニエルズ

1位は賛否が大きく割れている「スターウォーズ」最新作で最終興行は75-90億円程度が見込まれている。

「フォースの覚醒」の116.3億円には及ばなかったが、3部作の2作目の興行は基本的に下がる傾向にあるので特別問題はないだろう。

またディズニーは「フォースの覚醒」は興行目標150億円、「ローグワン」は興行目標80億円を目指していたが、どちらも期待に及ばなかったこともあり本作の目標は70億円前後とかなり弱気だった。

そのことを考えると、本作は世界的に賛否が割れるなか大健闘したと考えられる。


第2位 DESTINY 鎌倉ものがたり 

【映画パンフレット】DESTINY 鎌倉ものがたり 

第2位は山崎貴監督最新作で、最終興行は30-35億円程度が見込まれている。

本作は製作費がかなりかかっているため制作サイドは30億円以上の興行を目標にしていたが、公開前の興行関係者の見立ては20億円前後とかなり厳しいものだった。

しかし実際に封切られると最終興行25億円前後が見込める好スタートとなり、その後も粘り強い興行を見せ30億円突破は確実な大ヒットを記録した。

山崎貴監督は「寄生獣」以降大作の割に興行が伸び悩んでいたが、久々の30億円越えとヒットメーカーの名に相応しいパフォーマンスを見せた。

また堺雅人主演作品としては歴代最高のヒットとなっている。


第3位 8年越しの花嫁 奇跡の実話

8年越しの花嫁 奇跡の実話 (小学館ジュニア文庫)

第3位は松竹とTBSのタッグ作で、最終興行は25-30億円程度が見込まれている。

SNSなどの口コミで息の長い興行展開を見せ、松竹映画としては久々の25億円突破が確実視されている。

この冬は他に感動系もなく客層の被る映画がなかったのも勝因の一つだ。

またTBSはこの手の難病をテーマにした感動映画での打率が高い傾向にある。

ちなみに昨年松竹が配給した冬映画「RANMARU 神の舌を持つ男」は大コケするだけでなくTBSが製作から逃げたなど裏事情も含め散々だったが、今年はしっかりタッグを組んで名誉挽回をした形となった。

 

第4位 映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活 (小学館ジュニア文庫)

第4位は「妖怪ウォッチ」最新作で最終見込みは20億円前後。

一作目から78.0億円→55.3億円→32.6億円と右肩下がりの興行を続けている。

このまま毎年20億円前後の興行を展開できる冬の国民的アニメ映画になるか、このまま右肩下がりで打ち切られるか来年の動きも注目だ。


第6位 オリエント急行殺人事件

【映画パンフレット】 オリエント急行殺人事件

第6位は有名ミステリーのリメイク版が、最終見込み17億円前後のヒットに。

昨今本作のような中堅洋画は当たりにくい印象があるが、本作はしっかりと当ててきた。

年末年始の雰囲気と作品の雰囲気がマッチしていたのも勝因の一つかもしれない。

 
第7位 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL

【映画パンフレット】 仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FINAL

第7位は仮面ライダーの最新作で最終見込みは13億円前後とシリーズで久々の10億円突破となった。 

 

第8位 鋼の錬金術師

映画 鋼の錬金術師 パンフレット 山田涼介 ハガレン

第8位は「鋼の錬金術師」で最終見込みは12億円前後。

ハイ・バジェットのため最低でも興行25億円は欲しかったが大惨敗だった。

おそらく続編も作られないだろう。

ワーナー・ブラザースは昨年「無限の住人」「ジョジョ」とコミック実写映画の大作が立て続けにコケてしまっている。

 

第9位 ジャスティス・リーグ

【映画パンフレット】ジャスティス・リーグ JUSTICELEAGUE 監督 ザック・スナイダー キャスト ベン・アフレック、ガル・ガドット、ジェイソン・モモア、エズラ・ミラー、レイ・フィッシャー

ハガレンと同じワーナー配給の冬映画「ジャスティスリーグ」の最終見込みは11億円前後とこちらも惨敗となった。

アベンジャーズ」のように興行的爆発を期待したが、全米と同様伸び悩んだ。

ヒーローを集合させればさせるほど興行が落ち込むのはコスパが悪いどころの話ではない。

ちなみにハガレンジャスティスを2作合わせても昨年のワーナー配給の冬映画「ファンタスティックビースト」の興行73億円には遠く及ばなかった。

 

ちなみにこの冬のスイーツ映画「未成年だけどコドモじゃない」と「リベンジgirl」は興行10億円に届かない大惨敗ぶりを見せている。

何でもかんでもこの手の映画が当たる時代は終わったようだ。

「テルマエ・ロマエ」が4回目の地上波放送で11.2%の高視聴率を獲得!

テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤

フジテレビ「土曜プレミアム」で阿部寛主演で2012年に公開され興行収入59.8億円の大ヒットになった「テルマエ・ロマエ」の4回目の地上波放送が11.2%の高視聴率を獲得した。

3回目の放送の時は9.4%と一桁だったが今回は2桁に回復させ根強い人気を見せた。

是非シリーズ3作目も製作してほしい。

 

過去の視聴率
2013/04/20
16.9% 土曜プレミアムテルマエ・ロマエ
2014/04/26
18.6% 土曜プレミアムテルマエ・ロマエ シリーズ第二弾公開記念!
2015/04/05
*9.4% 日曜 テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤

 

「君の名は。」の地上波初放送は本編ノーカットなのに「カットされすぎ!」と勘違いする声が多数…

君の名は。

新海誠監督の大ヒット作「君の名は。」がついに地上波初放送されました。

f:id:junk-weed:20180103235755j:image

本編はノーカットで放送されていましたがTwitterをみると「カットされすぎ!」という声が多数…

 

例えば…

f:id:junk-weed:20180103234204j:image

初見の人が本編を納得できず感動できなったのを「ノーカットじゃなかったからかな?」と不安になってたり…

残念ながら本編ノーカットなので君はどちらにせよ本作を納得できなかったし感動もできなかったよ!

 

初見でなくても…

f:id:junk-weed:20180103234403j:image

一体3回も何を観てたんでしょうね?

 

他にも…

f:id:junk-weed:20180103234452j:image

三葉が東京に行くシーンをカットされていると勘違いした人が多数存在しました。

多分瀧くんが口噛み酒を飲んだ後の回想シーンで三葉が東京に行ったシーンがあったと勘違いしていた人達でしょう。

 

また、

f:id:junk-weed:20180103234742j:image

三葉が父親を説得するシーンをカットされたと勘違いしている人も…

これも元々無いシーンです。

 

さらに、

f:id:junk-weed:20180103234853j:image

勝手にシーンを妄想している人も…

人間の記憶て不思議ですね。

 

そのうえ、

f:id:junk-weed:20180103234949j:image

本編ノーカットの意味を理解してない人も…

 

今回初見の人は本作をイマイチ納得できなかったり、楽しめなかった人、感動できなかった人は本編がカットされてるからと勘違いしてるかもしれませんが、その場合は単純に本作との相性が悪いだけなのでご心配なく。

ちなみに新海誠監督の特別エンディングは、放送枠に合わせて歌詞の1番だけを使った特別エンドロールというだけで地上波映画の放送ではかなり良心的だと思いました。

(「シン・ゴジラ」はバッサリカットだったので…)

しかしテレビ朝日も折角ノーカットで頑張ったのに一部の声のデカい勘違い野郎のせいで泥を塗られて可哀想ですね…

 

追記

個人的にこれは容易に想像できるなと感じました。

 

「君の名は。」の地上波初放送の視聴率は17.4%[歴代メガヒット映画視聴率と比較]

君の名は。

ついに興行収入250.3億円で日本興行記録歴代3位に位置する新海誠監督作品「君の名は。」が地上波初放送され平均視聴率17.4%を記録したことが分かった。

ここで過去の興行収入150億円以上を収めたメガヒット映画の地上波初放送時の視聴率を調べてみました!

 

千と千尋の神隠し 308.0億円

千と千尋の神隠し [Blu-ray]

2003年1月24日には日本テレビ系列の『金曜ロードショー』でテレビ初放送され、46.9%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)という視聴率を記録した。過去にテレビ放送された劇場映画の最高視聴率である。

 

タイタニック 262.0億円

タイタニック <2枚組> [Blu-ray]

2001年に日本のフジテレビにて放送された際には、8月31日に『金曜エンタテイメント』 で放送された前編が34.5%(瞬間最高40.7%)、9月1日『ゴールデン洋画劇場』で放送 された後編が35.4%(瞬間最高42.7%)の視聴率(ビデオリサーチ・関東地区調べ)を記録した。

ただ吹き替えを妻夫木聡竹内結子が担当して大不評だった。


アナと雪の女王 255.0億円

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ディズニーのアニメーション映画『アナと雪の女王』(2014年)が3月4日、フジテレビ系で午後9時より地上波初放送され、平均視聴率が19.7%を記録した。

ただ特別エンディングがすごく不評だった。


ハリー・ポッターと賢者の石 203.0億円

ハリー・ポッターと賢者の石 [Blu-ray]

2004年06月25日(金) に「金曜ロードショー」で地上波初放送して平均視聴率30.8%を記録した。

 

ハウルの動く城 196.0億円

ハウルの動く城 [Blu-ray]

2006年7月21日の初TV放映時には32.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)という高い視聴率を記録している。

 

もののけ姫 193.0億円

もののけ姫 [Blu-ray]

1999年1月22日に『金曜ロードショー』で初のTV放送がされ関東地区で35.1%の視聴率を記録した。

 

踊る大捜査線 THE MOVIE2

レインボーブリッジを封鎖せよ! 173.5億円

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [Blu-ray]

2005年01月02日に地上波初放送された時は18.8%と思いの外伸びなかったが、同じ年の10月22日に完全版を放送した時は視聴率26.7%と高視聴率を獲得した。

初放送が伸び悩んだのは正月だからなのかな?とも思ったが、「踊る」の劇場版1作目(興行収入101.0億円)は元日に地上波初放送して28.7%を記録しているからあまり関係ないかも…

 

ハリー・ポッターと秘密の部屋 173.0億円

ハリー・ポッターと秘密の部屋 [Blu-ray]

2005年12月02日(金)に「金曜ロードショー」で地上波初放送して視聴率は21.7%を記録した。

これでも当時は物足りない空気が漂っていた。

 

アバター 156.0億円

アバター (期間限定出荷) [Blu-ray]

2012年2月17日に「金曜ロードショー」で地上波初放送され平均視聴率は15.1%と伸び悩む。

 

崖の上のポニョ 155.0億円

崖の上のポニョ [Blu-ray]

2010年2月5日、日本テレビ『金曜特別ロードショー』にてテレビ初放送。視聴率は29.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 

ちなみに宮崎駿監督「風立ちぬ」は興行収入120.2億円でテレビ初放送時の平均視聴率は19.5%だった。

ただ高畑勲監督の「かぐや姫の物語」は興行収入24.7億円でテレビ初放送時の視聴率は18.2%を記録しているので一概に興行収入と地上波初放送時の視聴率がリンクするわけでもない。

しかし興行収入の記録が高い方が視聴率が高い傾向があるのも事実だ。

また「君の名は。」はテレビ朝日制作の映画ではないためかなりの額で放映権を購入したと考えられる。

(一部報道から10-20億円あたりが予想される。)

となると視聴率が20%に届かなかったのは少し肩透かしだっただろう。

ちなみに昨年テレビ朝日は興行収入82.5億円の「シン・ゴジラ」を地上波初放送して15.2%の高視聴率を獲得している。

[ネタバレ注意]新海誠監督「君の名は。」の3年の時間差はなぜ気付かないのか? - Junk-weed’s Blog

2017年地上波映画視聴率ランキングベスト10 - Junk-weed’s Blog

12月に読んだマンガのザックリ感想

12月に読んだマンガのザックリした感想です。

 

群青にサイレン 6巻

群青にサイレン 6 (マーガレットコミックス)

相変わらず主人公がグルグルしながら、人間関係がドロドロして進行する6巻。

いつまで経っても過去のトラウマに縛られ1つ解決の光が射したかと思うと違う角度で絶望が訪れる。

それは被害妄想にまで発展するが現実は意外な程呆気なく進んでいく。

ラストは主人公の言葉により新たな光が射し込み次巻へ続く。

次巻も気になる。

 

重版出来 10巻

重版出来! 10 (ビッグコミックス)

どのエピソードも興味深く面白い。

フォントの話は、今まで興味も触れたことのない分野で目から鱗

インタビューのエピソードもGOOD。

マンガ原作の実写映画化の話は正に理想の熱きエピソード。

すべての実写映画がこれくらいの熱量で作られていたら...と感じさせられるエピソードだ。

 

銀魂 71巻

銀魂―ぎんたま― 71 (ジャンプコミックス)

ついに最終章も佳境の「銀魂」。

今迄はギャグとして繰り返し使われていたセリフをここ1番の見せ場で使わせるのは見事だ。

 

ROBOT×LASERBEAM 3巻

ROBOT×LASERBEAM 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

とんでもゴルフ漫画だが、とても熱く燃える漫画。

キャラクターもみんな個性的で魅力的。

まだ知名度は低いかもしれないが来年の今頃は人気が爆発してそうな予感がする。

 

腹ペコのマリー 3・4巻

腹ペコのマリー 4 (ジャンプコミックス)

4巻目で打ち切りになってしまった本作。

ギャグのセンスは好きだったが、話は少し散らばりすぎたか…

それでも嫌いになれない作品。

次回作も楽しみにしてます。

 

名探偵コナン 94巻

名探偵コナン 94 (少年サンデーコミックス)

週刊誌でしか味わえない演出が施されていたため少しひがみもしたが、コナンという大ヒット長寿マンガのため本来なら超えれない垣根を超えた部分もあって満足。

また新一の姿でレギュラーメンバーに囲まれ行動するのも新鮮だった。

長期休載により次巻がいつ出るか不安だ。

 

約束のネバーランド 6巻

約束のネバーランド 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

施設を抜け出してからつまらなくなるのではと不安でしたが、安定した面白さでした。

次巻以降の展開も気になる。

 

波よ聞いてくれ 4巻

波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンコミックス)

相変わらず登場人物の掛け合いが面白い。

主人公のサバサバした性格も最高だ。

各々のキャラクターの個性もハッキリしてきて今後も楽しみな作品の1つ。

 

食戟のソーマ 27巻

食戟のソーマ 27 (ジャンプコミックスDIGITAL)

相変わらず面白い。

次巻以降も楽しみ。

 

金田一少年の事件簿R 14巻<完結>

金田一少年の事件簿R(14) (講談社コミックス)

面白かったけど最終エピソードとしてはちと物足りない気もするエピソード。

ハッキリ言って大人にならなくていいし、高校生のうちに色々な決着をつけて欲しかった。

金田一少年がついに大人になるらしいが何歳まで上がるんだろう?

 

DESTINY 鎌倉ものがたり」原作エピソード集

鎌倉ものがたり 映画「DESTINY鎌倉ものがたり」原作エピソード集(上) (アクションコミックス)

実写版鑑賞後に読みました。

実写版は1話完結のバラバラの物語をオリジナルの設定を交えながら伏線にして上手く組み合わせて一本の映画にして最後はオリジナルのファンタジー世界まで持ってた山崎貴監督の構成は見事だと感じた。

また原作には登場しない黄泉の国のヴィジュアルを見せるなど、原作に縛られていない自由度を感じられた。

実写映画との比較としてオススメです。

(この言い方は原作ファンの人はあまり気持ちよくないかもしれませんね…)

 

亜人 11巻

亜人(11) (アフタヌーンコミックス)

ニセモノ佐藤の発想は亜人らしくて面白かったのです。

とりあえず次巻も読むとは思います。

ちなみに表紙のデザインはお気に入りです。

 

コミック以外もアプリや雑誌でいろいろ読みましたがそこまで書くとゴチャゴチャしそうなので割愛。

ただ「彼方のアストラ」が完結したのは少し寂しかったです。

(最終回はイマイチだったけど...)

来月は今月以上にマンガを読めそうにありません。

あまりヒットしてない実写版「鋼の錬金術師」のYahoo!レビューの評価が謎の急上昇をしている!?

実写版「鋼の錬金術師」が公開されてから4週間が経ちますが、現在の累計興行収入は9億1239万6950円と未だ10億円に届いておらず大コケムードが漂っています。

関係者は年末年始で挽回したいところでしょうが、話題作品に押されてかなり作品そのものの存在感も薄くなってしまっているのでこのペースだと興行15億円にも届かないかもしれませんね…

キネマ旬報」によるとハイ・バジェットのため最低でも25億円ないと厳しいとか…

今年ワーナー・ブラザース制作映画は「銀魂」こそ大ヒットしたものの「無限の住人」「ジョジョ」と大作が連続で大コケしていて散々ですね。

来年の「BLEACH」も少し不安になってきますよ…

 

そんな興行的にイマイチな「ハガレン」ですが、日本で1番信用できるとかできないとか言われてる大手映画レビューサイト「Yahoo!レビュー」の評価はすごく高評価なんで驚きですよ。

f:id:junk-weed:20171227211834j:image

評価はなんと4.00/5.00!

ちなみに公開直後の評価は、

f:id:junk-weed:20171227211918j:image

2.10/5.00と散々だったのにここ数週間ですごい勢いで数字を伸ばしています。

かなり珍しい例なんじゃないですかね?

公開直後は高評価だけど数週間後はジワジワ下がっている逆パターンは割とよく見ますけどここまで極端に上がったのは初めて見たかも…

レビューした人の数も約1.7万人以上と今年実写邦画No. 1ヒットの「銀魂」の約0.99万人を大きく超えています。

興行的にはイマイチでも観たらレビューを付けてしまいたくなるようなコアなファンがつくような映画なのでしょうか?

f:id:junk-weed:20171227212409j:image

星5を付けた人が全体の70%以上と圧倒的です。

他の映画で平均が4を上回っている映画でもここまで5が圧倒的なのは珍しい気がします。

(「天空の城ラピュタ」とかあるけどね!)

ちなみに本作は公開前にサクラを雇って大量の星5を投下したという疑惑がある作品です。

(現在レビューは削除されている)

f:id:junk-weed:20171227213150j:image

となると今回の評価急上昇は「もしや…」と疑いたくなります。

しかし公開直後の評価は一部の熱烈な原作ファンによる必要以上の低評価も多かったように思えます。

個人的にはそこまでヒドい映画だとは思わなかったので…

たださすがにコレは上がりすぎなんじゃないかな〜と思います。

今後どう推移していくかも注目ですね!